げんりょう

青汁ダイエットの注意する点は何?

青汁ダイエットと言うと、青汁に置き換えるなどといったダイエット法を想像する人が多いでしょう。
しかしそれは間違えです。 正しい青汁ダイエットというのは、
あくまでも青汁はダイエットの為の栄養の補助食品として考えておかなければいけません。
朝食などを普段食べない人は、朝ご飯の代わりの飲むことから始めるのはいいでしょう。
しかし三食たべている人は、置き換えるということはやめましょう。
食事の前に青汁を飲むことで、青汁の吸収率を上げ、少しでも満腹感を感じさせるようにするだけでも違ってきますし、特に便秘がちな人には、
朝飲むことで腸の動きを活性化させ、便通を良くすることができます。

だたし青汁ダイエットについていくつかの注意点があります。
それは、一日に過剰な量を摂取しないことです。
過剰に摂取することで、中には下痢になったり、アレルギーや吐き気を引き起こしてしまう人もいます。
特に様々な栄養素が含まれているので、食品のアレルギーがある人は、しっかり確認しておきましょう。
また、短期間で行うのではなく青汁ダイエットは長期間で行うことで健康的に痩せることができます。

また持病や特定の治療中の人には、飲んではいけないという人もいるということです。
それは青汁に含まれている栄養素と大きな関わりがあります。
例えば、青汁に含まれているビタミンKという栄養素です。
ビタミンKは心臓や脳などの病気を持っていて薬を服用している人には薬との相性が問題視されていますので、必ずかかりつけの先生と相談してから青汁を飲むことをお勧めします。

また不こちらの注意点http://www.nomeansknow.com/chuui.htmlにも書いてあるように、
妊治療を行っている人にもビタミンKは大きく影響してしまいます。
過剰に摂取することで、発熱、胸の痛み、呼吸障害などまでも引き起こしてしまう可能性があります。

その他の栄養素として、青汁に含まれるカリウムも特定の人には、過剰摂取を控えなければいけません。
それは、腎臓に病気がある人です。
カリウムは、体にとって大事なミネラルの一つで、体内の塩分の調節をする働きがありますが、そのカリウムを体外に排出するのが腎臓の役割です。
腎臓の病気を抱えている人は、腎臓の働きが弱くカリウムの排出ができなくて、カリウムが蓄積されてしまいます。
カリウムが蓄積すると、嘔吐、しびれ、不整脈を引き起こしていしまいます。

青汁を取り入れて健康的にと思って行ったことが、逆効果になる場合もあります。
とくに持病を抱えている人は、かかりつけの医師との相談の上、青汁を摂取するかどうか決めましょう。
より青汁について詳しく知りたい方必見。http://www.linspire.com/m5.htmlのサイトも是非参考にご覧ください。

Menu